So-net無料ブログ作成

立山高原ホテル [general]

今年は9月16日に宿泊。予約したのは5月ころだったか(?)予約するのが遅くなったので、空いている日はそんなになかった。


朝5時ごろ起きて、無線をしながら妻の起きてくるのを待つ。昨日まで2泊3日の引率に行っていたので、余り早く起こさないことに。

非常に強い台風18号が九州手前まで来ているので、立山も天気が悪いかもしれない。予報では、夕方から雨。


6時過ぎに家を出発。立山駅に7時半過ぎに到着。さすがに駅すぐ横の2段の駐車場は満車。でも、その下の所、残り2台の空に止めることが出来た。

8時発のケーブルカーで美女平へ行き、バスに乗り継いで9時ころに室堂に到着。途中、富山平野と富山湾が見えた。海岸線を高原バスから見たの初めてだと思う。

曇り空なので、この天気なら雄山まで行けるのではないか、と室堂を出発。妻はしばらく前から足の調子が悪いので、かなりゆっくり歩くことにした。登る人の平均の6割程度のスピードかな。自分も運動不足なのでスローペースが助かる。

10時ころ一の越到着。しばらく休憩。風が吹いており、寒いので合羽を取り出して着た。下は履かなかった。

11:20頃雄山に到着。途中、槍ヶ岳が結構よく見えた。山頂でお祓いをしてもらい、山小屋の前に座らせてもらって昼食。熱燗を売っていないかと思ったが、缶ビールだけ。カップヌードルは結構売れていた模様。我々はコンビニおにぎり、サンド、室堂のおこわ。

昨年度は大汝山、富士の折立へ行ったが、妻の状況を考えて一の越へ戻ることに。

13時ころ一の越の休憩を終えた。その後、浄土山へ行くことに。以前、室堂から登ったが大変だった。その時の記憶では、一の越から登るのはそんなに大したことがない感じだったと思う。

はじめ緩やかな道だったが、その後、ある程度登りがあった。富山大学の観測所があったが、山頂の看板といったものは無し。次に、石を積み上げたところがあり、山頂かと思ったが看板無し。しばらく進んだら、山をよく知っていそうな人が向うからやってこられた。山頂がどこか尋ねてみたら、浄土山の山頂の看板といったものはないのではとのこと。そうなのか。

その後、急なガレ場を相当長い時間降りることになった。途中、山道につがいの雷鳥がいた。近づいても動じない。数枚写真を撮らせてもらった。

霧雨から小雨の中、なかなかゴールが見えず。くたびれながら室堂ターミナル到着は15:40頃。コーヒーと「黒部ダムシフォンケーキ」で一服。生クリームでダムの放水を表現したこのシフォンケーキはかなり大きく、2人で食べても満腹だった。

16:30ころ立山高原ホテルに到着。結果、昨年よりもたくさん歩いたのではないだろうか。




nice!(0)  コメント(0) 

京都で研修会に参加 [数学]

お誘いを受けて、京都教育大学で開催された数学の可視化をテーマにした研修会に参加させてただいた。

自分は、A4用紙を半分折にすることを繰り返すことによって得られる1/n折と、1/nの2進数による表現に関する話を報告させてもらった。

しばらく前に、若手の(もう中堅か?)S先生から話題提供を受け、考えたことをS先生とやり取りしていたことであった。


・最速降下曲線がサイクロイドになることについて

 高専の先生が模型を作製されて持参された。実際にマウスのボールを転がして見せていただいた。

 スタートの仕組みにもう一工夫いるとのことだった。

 昨年か一昨年に、同じ話題を大学の同期の鈴木康真君がまとめていて、お寺の屋根がサイクロイドになっていることを知らせてくれたことを思い出し、発言させてもらった。


・放物面、鞍点等の模型

 アクリルで部品を作って、組み立てるものをたくさん持ってきていただき、自分は鞍点の模型を実際に作らせてもらった。

 厚紙でも作れるかな。


・循環小数について

 1/p (pは素数)の循環節の長さについて

 1/n でnに2^k 、5^mが因数として含まれている場合の循環節の開始される場所について

  例えば、n=280=2^3 X 5 X 7 のとき、

   1/n= 0.003574218574218574218......

  と、0.003があり、その後、574218 が繰り返す。

  このことについて、発表者自身はうまく解明できていないようであり、他の人からは、正解に至らなさそうな方法の提案があったので、以下のような説明を板書させてもらった。

  1/280=1/(2^3 X 5 X 7) = 25/ 2^3 X 5^3 X 7) = 1/1000 X 25/7

    = 1/1000 X (3 + 4/7) = 0.003 + 1/1000 X (0.574218574218574218......)

    ほかのnについても、素因数分解の中で2及び5のべきを考え、そのうちの大きい方をkとすると、1/10^k を取り出すことができ、それが小数点以下k位まで下げることにつながる。そこに、循環とは別の数が出る。

  そして、第k+1位から循環節が始まる。


朝、5;58福光発城端線で新高岡へ。

新高岡から新幹線で金沢へ。

金沢からサンダーバードで京都へ。


帰りは、京都18時後半発のサンダーバードで金沢へ。

金沢21時過ぎ発のバスで福光へ。



タグ:無限折
nice!(0)  コメント(0) 

Jojo Moyer著 "Me Before You" 読了 [読書]

読み始めてから数ヶ月を要したが、本日、静岡への帰りに読み終えた。


イギリスが舞台。経済的に恵まれて上流社会に暮らし、スポーツや冒険など何もかもでき、誰もがうらやむWillであった。

ところが事故で大きな障害を負ってしまう。quadraptic(四重障害)で車いすの生活から回復が不可能。

Louisaは極めて風変わりな女性で、職にあぶれ、新しい探していたところ、彼の介護の仕事を6ヶ月契約で請け負うことに。

というところから、物語は展開していくのである。


なぜこの小説を読もうと思ったか思い出せない。ベストセラーの情報からだったか。

この小説が映画になっていたことを、しばらく前に知った。もうレンタルできる。借りてきたいと思う。


nice!(0)  コメント(0) 

Logger32の不調 [無線]

8月15日朝、突然Logger32が動かなくなった。確認すると、logger32.exeが0KBになっている。なぜ?


しょうが無いので新たにダウンロードして再インストールした。バージョンアップにもなって、ちょうどよかったか。

ところが、ログのデータがうまく読み込めない。一瞬でるものの、すぐに消えてエラーメッセ-ジが出てくる。

どうにもならず、8月12日にLoTWにアップするために作製したADIFファイルを読み込んで不完全復旧した。

それ以降のQSOのうち、jt65の分はjtdxのADIFファイルから読み込んで復旧した。あと数局はあきらめかと思っていた。


今朝、PC内を「logbook」で検索したら、なぜか知らないがuserのフォルダの中に「virtualstore」といったフォルダがあり、一式8月15日朝の日付までで出ている。それを用いて、なんとか復旧した。


それにしても、何が原因でこのような事態になったのかわからない。

nice!(0)  コメント(0) 

福島へ その3 [general]

芦ノ牧温泉からさらに奥に入ったところの「塔のへつり」と「大内の宿」へ行った。

塔のへつりは、渓谷に吊り橋の景色のいいところ。そこそこの観光客が訪れていた。

大内の宿は、江戸時代の宿を残した場所で、かなりの建物が道を挟んで建っている。ほとんどがお土産販売やそばなどの食堂。奥まで行って、少し高いところに登ると、宿を見渡せる。

その後、会津若松市内のとんかつ屋さんで昼食を摂り、飯盛山へ。(鶴ヶ城は以前行ったので今回はパス)白虎隊自刃の場所から鶴ヶ城はかなり遠く、肉眼ではようやく見える程度であったが、双眼鏡を持って行っていたので、確認できた。手前にポール状の物があり、鶴ヶ城の真ん中になっていた。麓の資料館も見ている内、16時くらいになってしまった。桃を購入し、家へ向かった。

ほとんど帰省渋滞が無かった。休み休み運転し、20時半前に帰宅。

3日間の走行距離は1,230Km

nice!(0)  コメント(0) 

福島へ その2 [general]

温泉宿でいわき周辺の観光地を検索し、まずは、宿から割と近い白水阿弥陀堂へ。静かなところで、訪れていた人は少なかった。本堂ではお坊さんが丁寧に説明をしてくださった。

次いで、アクアマリンふくしまへ。なかなか大きな施設で、1時間半ほど見て退館することにした。詳細まで見ていると、相当時間がかかるくらいたくさんのものがあった。

その後、塩屋崎灯台へ。上まで登ったら、強風で体が流されるような状態であった。フレネルレンズの模型があったり、ロラン航法の説明があったり。

もう一度アクアマリンふくしま近くまで戻り、ララ・ミュー・ふくしまで昼食。前の晩、宿で「めひかり」という魚を生まれて初めてたべたが、いわき市の魚で、飯屋さんのメニューや土産に「めひかりクッキー」など何種類かあるなど、いわき市では有名らしい。

また、2階に津波被害の展示があった。ゆっくり見ていたら15:30頃。この日の宿は芦ノ牧温泉なので、そこへ向かって出発。

昔宿泊した「大川荘」にもう一度泊まりたいということで予約したのだが、いわき市からはかなり遠かった。19:15頃到着し、夕飯はぎりぎり間に合った。

nice!(0)  コメント(0) 

福島へ その1 [general]

休暇を取って、2泊3日で福島へ

宿は予約したが、行き先については、事前によく調べないまま出発した。


朝7時前に家を出発。15年ほど前に仙台に行ったときには、4時とか、暗いうちに出たが、もう年なので無理をしない。

有磯海SAで朝食。

昼はどうするか。進んでいく内に喜多方ラーメンに行くとちょうどよい時間だったので、ガイドブックの最初に出ていた「食堂はせがわ」を目的地に設定して向かった。13時過ぎて到着したが、店の前にそこそこの人が順番待ちであった。でも、回転は結構速く、そのうちに店に入れた。1番人気の「小チャーシュー、煮卵」で満足。

その後、裏磐梯、桧原湖あたりをドライブしたが、台風5号の影響で磐梯山は全く見えず。

猪苗代湖の道の駅に寄って、いわき市に向かった。

nice!(0)  コメント(0) 

新潟市への出張 [general]

7月31日に新潟市で開催された会議に出席してきた。

新潟市は遠い。


午前10時開始には前泊が必要なので、日曜の午後に出発


15:32  福光駅   ⇒ 新高岡駅   JR城端線

      新高岡駅  ⇒ 上越妙高駅  北陸新幹線

      上越妙高駅 ⇒ 新潟駅  特急しらゆき 

19;26新潟市に到着


31日は10時から会議

会議の場所が、新潟駅から越後線で内野駅まで行き、さらに駅から2km以上離れた場所。

16:35ころ会議終了後、あらかじめ予約で呼んであったタクシーで内野駅へ行ったが、新潟駅には17:20ころ到着。

17:23の新幹線に乗ると、城端線の後ろから2番目の列車に乗れるが、今回は無理。


以下で帰ってきた。

20:02   新潟駅 ⇒ 上越妙高  特急しらゆき

       上越妙高 ⇒ 新高岡  北陸新幹線

       新高岡  ⇒ 福光    JR城端線

福光駅には、23:50ころ到着



シモーヌ・ベイユ [数学]

先日、「シモーヌ・ベイユ死去」の記事が新聞に載っていた。

シモーヌ・ベイユといえば、数学者アンドレ・ベイユの妹。


まだ存命だったのか?

と思って調べてみると、この方は政治家で、哲学者でアンドレ・ベイユの妹のシモーヌ・ベイユとは別人であるとのことだった。


アンドレ・ベイユの妹の方は1943年に34歳の若さで亡くなっている。

陶芸教室 [general]

今年も参加した。4年目かな。

正12面体のうち、6面ともう少し足した形で作成。

当初、簡単に完成しそうに思っていたが、結局、参加者の中で最も時間がかかった。

しかも、へりも面もきれいに仕上げる時間的な余裕が無く、心残りながら終わりにした。

正5角形が大きすぎて、接合して立体にした後、乾く前に形が崩れていってうまくいかなかった。

割れずに焼き上がるか心配である。