So-net無料ブログ作成
検索選択

VK0EK & FT4JA [無線]

Pedi は終了したのだろう。

いずれも、結構長期出てくれたので、何とか複数バンド/モードで交信できた。
最初は、この時代、DXを呼ぶ人がまだこんなにいるのかと思うくらいであった。無線の全盛期の21MHzのパイルは、どんなだったかなあ。

でも、最近のPediは、一定期間出てくれることも多く、そのうち、自分にも順番が回ってくることがある。ありがたい。
プライベートな事情もあり、チャンスを狙うようなワッチをする努力がない。また、うまくとってもらう技術もないが、ある日は長時間よんだものの取れずに終わったのに、しばらくのちに、比較的簡単に取れることもある。

無線が流行らない時代なのに、最近、大変なところからのDX Pediが連続している。
nice!(0)  コメント(0) 

KP4DX, KP4JFR [無線]

今朝、休日には珍しく7時前に起きて無線をした。

しばらくは、あちこちを聞いてみた。
21MHzCWは静かだが、西海岸の局がちょっと聞こえたので、のんびりCQを出したら、最初に呼んできたのがKP4DXであった。75Wに垂直DPと打ってきたが、カリブにしては結構強い。Close to oceanということで、QRZ.COMに写真があるといった旨を伝えてくれたので、見てみると、朝日か夕日かわからないけど、向こうに海で手前に垂直DPのきれいな写真であった。
交信後には周波数を譲ろうと思ったら、QSYする周波数もアナウンスしていってしまった。

その後、またのんびりCQを出しては交信して、局数は多くないが、まあまあ満足。最初にKP4に呼ばれてから約1時間になったので、3回程度CQが空振りになったらQRTしようと、腰を上げかけたら、やや強めの局が呼んできた。
それがKP4JFRであった。カリブに2度も呼ばれる朝は経験がないと思う。
さらにもう少し交信して、8:30過ぎにQRT.
nice!(0)  コメント(0) 

W5XU David [無線]

のんびりと15mCWでCQを出して交信していたら呼んでくれた。
VP8 からLAへ帰ってきたといった旨を打ってきたので、Are u a member of DX pedi ? と問いかけたら、VP8STI と VP8SGI のオペであったの返答。なんと。

Club Log で確認したところ、残念ながら自分はW5XUがOPのバンド・モードでの交信はなかった。

nice!(0)  コメント(0) 

WPX RTTY TEST [無線]

この土日、WPX RTTY TEST で130局余りと交信した。
RTTYのコンテストに出たのは初めてのこと。

土曜日の朝、クラスターに上がったどこかの局を呼びに行った際に、コンテストがあることを知り、少し参加してみた。

現行のリグになってからは、RTTYは、ペディなどにメモリーで自局のコールを打ち出して呼び、メモリーで599を返して終わり、といった交信だけで、キーボードを使うことはほとんどない。
しかし、今回のコンテストは、シリアルナンバーを送信しなければならなかった。ちょっとマニュアルを見た限り、リグのメモリーでシリアルナンバーの送出がない。仕方がないので、キーボードで打ったが、タイプミスなど何度かやらかしてしまった。

A9やA6が聞こえたが、うちからは届かず残念。

(追記)
19日(金)に Ed W0YK CQ RTTY Contests Director から以下のメールが届いた。

We have not yet received your log for the 2016 CQ WPX RTTY Contest held last
weekend. You made over 100 QSOs and your log will be really helpful in the
log checking process. If you'd not like your results shared publicly, then
you can enter as a CHECKLOG.

なんと、最近は出ていたことを感知されているのか。
で、ルールを調べてみると、驚いたことに、コンテスト終了後5日以内で電子ログを提出することになっている。
完全に浦島太郎状態であった。
交信は、コンテスト用のログではなく、Logger32の備考欄に受信したシリアルナンバーを打ち込んでおいただけなので、とりあえず、ADIFで吐き出して、Webページ上からCariblloに変換してくれるところにCheck Logで放り込んでおいた。
nice!(1)  コメント(0) 

VP8STI & VP8SGI [無線]

どうも、VP8SGI は終了した感じ。
大変なところに、ペディションに行ったのだなあ。

STI、SGI ともに、パイルは凄まじく、交信できるのだろうかと思ったが、何日か出続けてくれると、何とか取ってもらえる状況が生じた。

STIの方は、K5Pの終盤と重なっていたかな。気が付くと終了していたので、20mだけの交信。

SGIは、出てきた日に30mRTTYで交信した人もある程度いたようだが、その土曜日は個人的な事情で電波が出せず。その後、パイルが少ないところでいくつか交信できた。
6日土曜日、朝の20mRTTYで強い信号だったが、出かける用事があり、今回はRTTYなしかと思ったが、夕食後、20mの東あたりからのあまり強くないパスで交信できてよかった。
7日(日)に17mCWでできればいうことがなかったが、これも出かける用事があり、残念。

nice!(0)  コメント(0) 

K5P [無線]

もう、そろそろお終いだろうか。
長期間のQRVのおかげで、複数バンド・モードで交信できた。

はるか昔、電波を出し始めたころのKP6AL以来かと思ったら、LotwではKH6ND/KH5という局を、2006年に交信したものでクレジットされている。手元のカードでは、1998年に別の局の交信がある。あまり良く覚えていない。

今回のぺディ、自分の力の入れ方も少なめであったが
・出始めてから割と早い日に、3.5MHzで呼んだとき、JA9FOと返ってきたので、自分に違いないと、訂正してもらえるように数回繰り返したが、ぐちゃぐちゃの状態で、確認できず。後日、Club Logを調べると、JA9FOで出てくるも、自分のコール無し。その後、平日、帰宅して夕飯後に聞いた時には、信号は強いが、JAはとっていない。
だいたい1週間後だったか、ようやく交信。

・’7MHzのPH、早い時期に交信し、Club Logで確認できたはずが、最近見ると、マークがついていない。
しょうがないので、本日、もう一度呼んでみたら、「もう交信している」との応答。呼ばなけりゃよかった。

・1.9MHz、信号が相当強いので、3.5MHzのスローパーにベアフットのチューナで呼んでみていたら、応答があった。悪乗りしすぎだったか。

なお、本日は、かなりの暴風雪。除雪機を2度動かした。
昼頃出かけた時は、ホワイトアウト状態で、ゆっくりと自動車を進めた。

nice!(0)  コメント(0) 

New Year Party [無線]

今年も、なんとか参加。
親戚に出かける用事など、時間が心配だったが、40m、80mにSWRは高いながらもOn Airできたおかげで、ステッカーをもらえるQSO数を確保できた。


nice!(0)  コメント(0) 

年末年始の無線など [無線]

12月29日~1月3日まで休みであったが、あっという間に終わった。
夜更かし、朝寝坊、テレビやら片付けやら、お出かけやらで、無線はあまりぱっとせず。
3年ほど前から使っているメインの無線機に加え、昔からのFT-1021やTS-870からもすぐに出られるように、ケーブルとアンテナスイッチをつないだり、パドルをつないだり。
80mのスローパーは、長さを調整してSWRが落ちているはずだったが、気付くと、3.78MHzあたりでSWR最小になっている。端に電線を足すとしても、タワーを数メーター登らなくてはならないので、しばらくこのままか。


nice!(0)  コメント(0) 

4U1WB [無線]

休みの日でゆっくり寝ている布団の中で、DXSCAPEをみると、4U1WBがスポットされていた。どんな特別局なのか思い出せず、検索してみるとWorld Bankだと。そうだったか。
最近ニュースでよく出てくるイエレンさんは、FRBなので、それとはちょっと違うか。

しばらくして起きてから、呼んでみた。アメリカ人っぽい発音でWの局をさばいていたが、途中で名前をMASAと言っていたので、日本人なのだろう。
コールの一部を取ってもらって、そのうち「KA9NFO」まで来たあと、JA9だと繰り返したら「片山さんですね」と名前を呼ばれた。電子ログなのか、何かの際に覚えていただいたか不明だが。
ネットで検索してみると、AJ3M三浦さんのようだ。

昨日は、いかにもJA7YAAのOBだろうと思われる9M2YAAと交信した。あとでPPCのブログを見るとやはりYAAのOB。
nice!(0)  コメント(0) 

80m sloper [無線]

珍しく、この季節にまたタワーに上った。

昨日、用事で出かけて帰ってきて、15時前くらいだったと思うが、ちょっとやってみるかと。
メス・コネクタの辺りを少しはんだ付けなどして、登った。
ローテータの辺りの場所で取り付けることに。
アース側の取り付けをしている15時半ころ、タワーの上で西の方角を見ると、山に日が沈んで行った。
下の方を見ると、すでに日が沈んでいる。東をみると、少し向うからはまだ太陽が当たっている景色。
確か、この時期この辺りは、16時半過ぎごろに日の入りのはずだが、我が家では、タワーの上でもその時間に日が沈む。

準備不足ながら、なんとか作業をして、タワーを降りる頃は16時半。
タワーが、素手には相当冷たい。先週は、2度目に登るとき、ジャンパーなどを羽織っていると暑かったので、トレーナまでにしたが、昨日は、それでは全く無理。
とりあえず、端のひもを畑の端の低木に括りつけ、アナライザーで計測すると、75mでちょうどよい感じ。
SSBはあまり出ないので、80mにしたい。が、寒いし暗いし、エレメントの端っこは地上から数メータータワーに上らないと届かないから、昨日はそこで終わり。アンプも一応使える。

本日、朝起きると快晴。明るい夜明け前の景色。
しかし、寒い。慌てないことにした。
昼少し前に、数メーター上り、1.6mほどビニール線を足して、3.5MHzでちょうどSWRが落ちる状態になった。

ケーブルは1989年にタワーを建てた時のもので、昔シャックとしていた部屋を経由して、そこからまたケーブルを継ぎ足して今の部屋に。
なんとか、電波が出るようになった。

トライバンド八木も10年使ったし、新しいアンテナにしたいが、来年度、仕事がどうなるか不明。そして、元気があるかが問題か。

nice!(0)  コメント(0)